保育士転職フェア最新情報

保育士の求人が増加傾向

保育士は現在求人が伸びています。

保育士の資格があれば、保育園や幼稚園のみならず、託児所などでも働くことが出来るようになっています。

都市では動く女性を応援しようとゼロ保育にかけて託児所の増設が進められている。

託児所では生後半年前後からの保育を受け入れているので、乳児の保育経験のある保育士さんの存在は大変強いものがあります。

求人への応募は女性が手広く、若々しい女性の求人も増えている様子です。

ただ、ほぼ現場で求められているのがベテランの保育士だ。

子育てを終えて一段落した資格飼い主が容易に復帰できる体制が整ってあり、またそういう経験のある方に対する求人も伸びています。

乳児の保育は未経験者にとっては耐え難いものであり、そのために経験のある人材がやっぱり求められているのです。

単に都会では出生率の伸び悩みが衰弱しており、そのために託児所の充実に伴う保育士の求人がある状況です。

都内でははたらく女性が子育てと仕事を両立できるようにとの配慮がなされてあり、それが功を奏して少しずつではあるものの出生率が伸びてきている。

そのため、自治体では地域の託児所の増設の強化に努めていらっしゃる。

全都道府県にある保育士の仕事

私は、沖縄への移住を決断しました。

沖縄には昔から凄い憧れがあり、絶対に一生に一度は住みたいとしていたからだ。

保育士の仕事であれば、全都道府県におけるので、こういう仕事なら大丈夫だと思い資格を取得しました。

いずれは、またこういういなかに帰る予定ですが、ややは自分の行きたい土地で働こうとしています。

保育士の求人は、全都道府県におけるので安心できました。今は沖縄で働いて数年になります。

今度は北海道をめぐってみようかと思っています。北海道にも保育士として働く場所はどうしてもありますし、保育士の資格と持っていて本当によかったとしています。

自分の住みたい場所どこでも職場があるからです。また私は、子供がどうしても好きです。

人付き合いもとても好きですし、こういう仕事は天職です。保育士として働くと、両親との関係も大変ですが、私はそんなことはよっぽどありません。

両親との関係もとても鋭く、毎日が結構楽しくて仕方がありません。子供は絵本を読んで味わうのが好きなので、私に絶えず絵本を以てやってきます。

その姿はとてもすばらしく、果たして毎日癒やされています。

保育園という職場は、私にとって誠に合っています。

幼稚園教諭の求人募集に応募する

幼稚園教諭になるためには、とにかく四年制大学や短期大学で教職課程を覚え、卒業と共に幼稚園教諭免許を取得するか、文部科学省が認定する専門学校などを卒業するか通信教育で指定の単位を取得する必要があります。

しかし幼稚園教諭免許を持っていても、実に求人募集で採用されるためには就職希望の幼稚園が決める採用試験に合格しなければ教諭としてはたらくことは出来ません。

試験内容はピアノを実に弾いてみたり、時間内に工作を作成する、お便りなどの書類をイラストを付け加えながら手書きで見やすく作成できるか、体操の指導を望めるのか、といった実務試験や、面接などで適性や園との相性を確認されます。

また、求人募集に応募する時はフルタイム勤務なのか、パート勤務なのかをぐっすり確認しておきましょう。

最近は新卒向けの求人だけではなく、結婚後の主婦が頑張れるようなパート勤務を募集している幼稚園も数多く、不要範囲内で無理なく頑張れるような出勤に設定している場合も数多くみられます。

また低賃金で重労働といった従来の幼稚園教諭のイメージをぶち壊すような高待遇で求人募集を行っている場合もあるため、まずはインターネットや求人本などで自分の希望する条件に合致する幼稚園の求人案内を探すのがオススメです。

保育所の求人に応募する際の注意事項

幼稚園と比較すると、産休明けの赤ちゃんから小学校入学前のお子さんまで、広い年齢のお子さんの保育を行う点や、保育時間が長いため、はたらく父母にとっては力強い味方になってくれるのが保育所です。

一口に保育所といっても、施設により勤務態勢は広く異なり、求人に応募する際には、とりわけ注意することが必要です。

概ねには数名の職員でチームを組んで保育を行いますが、保育時間が長いために、通常は様々なシフトが組まれていることがほとんどです。

そのため施設までの通勤時間や通勤手段も、求人に応募する際にはそれほど確認しておくと良いでしょう。

保育所の勤務体系や給与体系は、施設によりものすごく異なります。

思い通りの条件でないからといって、退職を増やすようでは、キャリアを形成することは難しいと言えます。

そのため長く、安定してはたらくためにも、求人に応募する際には、よく勤務条件を確認し、実態を把握した上で、応募することが必要であると言えるでしょう。

学生(新卒)の方は対象外となります

ページの先頭へ